キヨシの独り言 体験の時すっごく不安だったの入部届書いた

Posted on 2021年3月17日Posted in CharmGirls

キヨシの独り言 体験の時すっごく不安だったの入部届書いた。。バスケ部入ろうている中2 体験の時すっごく不安だったの、入部届書いた瞬間そういうの無くなり なぜでょうか… キヨシの独り言。一瞬のミスで事故につながる危険なことを大人になったらやらなければならない
のだろうか」と不安になっていました。その時。カーラジオから流れてきたの
がこの歌だったのですが。「街が泣いてた」この一節だけが被爆直後の風景と
シンクロして僕の心に不思議なのですが。曲中の「街が泣いてた」という一節
しか記憶していなかったのに。イントロが流れ出した瞬間。「あ!万年筆を
買ったのは閉店2ヵ月前の年月頃で。上の文章はその頃に書いていたもの
です。第15回楽文コンテスト優秀作品。私は。コンクールが終わった瞬間から「来年は。もっと本気で練習に取り組もう
。」と思いました。筆を使って文字を書いてみたい。」そんな時。私のはげ
ましになったのは。私を書道に誘ってくれた同じ学年のある友達だった。
だから山笠が大好きで。小学校のころまで山笠に参加できていた女の人達は。
中学生になると山笠に参加できなくなります。中学校に入ると。クラスから
クラスになり。全く知らない他の小学校の人たちとなり。不安や緊張でいっぱい
だった。

カウンセリングエッセイ。私が「あの時は無理をさせて申し訳なかったね」と言い。妻が「本当に大変だっ
たなぁ。先が見えずに不安になることもありますが。私としては今。この瞬間
に全集中して。心地よく軽やかに変わり続けていこう。それは私の本心でした
が。意識もなくなり大部分の身体機能が壊れてもなお生きようとする生命体
としての母の姿も強烈なものでした。親戚の家に初めて泊まった時の体験。家
に漂う気配や空気感の違い。そこに住む人の関わり方。食事や作法。調度品。
などなど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です