あエンジン加速時や定速走行時の動力伝達経路のねじれよる抵

Posted on 2021年3月17日Posted in 生活

あエンジン加速時や定速走行時の動力伝達経路のねじれよる抵。カタログ燃費を達成してる人は、解ってる内容ですね。軽自動車で時速50キロ特化た空気抵抗軽減策、
従来の高速走行空気抵抗軽減策別のアプローチ必要じゃーないでょうか 更、ハブのベアリング性能か大きく走行抵抗や燃費関係てくるんじゃーないでょうか

、、駆動輪のホイールの超軽量化&タイヤの軽量化で、
相当燃費良くなるんじゃーないかなー、思

あ、エンジン加速時や定速走行時の動力伝達経路の「ねじれ」よる抵抗かなり相当大きい、

軽自動車50キロ低速時走行特化た、走行時の抵抗軽減ついての質問 あエンジン加速時や定速走行時の動力伝達経路のねじれよる抵抗かなり相当大きいの画像をすべて見る。

カタログ燃費を達成してる人は、解ってる内容ですね。頑張ってください。軽自動車50キロ低速時走行に特化した、走行時の抵抗軽減についての質問!? 信号が多いので信号停止からの50km/hまでの加速は10km以下の燃費消費量のはず特に冬場の信号停止からのオートチョーク作動時は燃費増大中とりあえず、街乗り燃費を向上させるなら車体を軽くするのが一番かと。それを具現化してるのがアルトですからね。高速走行空気抵抗軽減策とは別のアプローチとはどんなアプローチが必要だと思います?そこで燃費が0.1?上がっても誤差の範囲だし。ベアリングにしても耐久性を無視すればドライベアリングで超低抵抗なベアリングにしたところで、ベアリングが高額になるのと耐久性がなくなるので交換頻度が多くなりそこで燃費を稼いでも結果的に出費は多くなると思います。燃費をよくしたいなら、ドライバーが燃費スペシャルになればいいのでは?そもそも時速50kmなんて、空気抵抗を真面目に考慮するような速度域じゃありません。それで積載量やら車内スペースやらを犠牲にするのなら本末転倒です。全車フェラーリみたいなデザインにしなきゃ、空気抵抗は減らない。でも、それじゃ使い勝手が悪い。フェラーリみたいな軽トラってそもそも、そんなものに特化した対策をする意味がありません。時速50キロに特化した空気抵抗軽減策…あるか、そんなもの。空気抵抗は速度の2乗に比例すると言われ、速度が下がると、走行抵抗に占める空気抵抗の割合が下がるだけで、高速走行時の空気抵抗軽減策が時速50キロで無意味なわけじゃない。空気抵抗の大きさは、「前面投影面積×空気抵抗係数CD値」で表される。…前面投影面積を減らし、CD値を向上させれば空気抵抗は減る。前面投影面積を減らす?背を低くする、幅を狭くする?室内が狭くなるCD値を向上させる?ボンネットやフロントガラスを傾斜させたり、車体後部を細く絞り込んだりする?室内が狭くなる空気抵抗以外で燃費改善に効くのは軽量化…タイヤとホイールだけでは、大した効果は無い。…簡単に軽くする方法?車体を小さくする?室内が狭くなる“広さ”を捨てれば簡単に燃費は改善する。…重さと空気抵抗から解放されて、動力性能?運動性能も改善する。…だが一旦「狭くない」車内を享受してしまったユーザーは、簡単には“狭い”方向へ進めない。50㎞/hなら空気抵抗は、無視出来るレベルです。現在のベアリングからの向上はほぼ無理です。ホイールの軽量化はボディとほとんど変わりません。スズキが頑張っていますね。パワートレーンのロスも無視出来るレベルです。特に意味の無い質問です。

  • ツムツムスキルチケット 今回の動くアイコンが貰えるイベン
  • 居酒屋ボタン なんでもいいのでお願いします
  • 大学4年生へ 大学4年生です本日最終面接をして今週中に連
  • ブルガリアヨーグルト スマホがあればカーナビは不要でも食
  • プレミアム そこで買ったところに使い方を聞きに行こうと思
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です